安全な不動産投資ブログ

4月 16 2016

不動産バブルがやってくる?

日銀の金融緩和・マイナス金利によって、お金が不動産に向かう条件が整っています。銀行も景気拡大が思ったように進まないため、お金を貸す先が無いのです。ワンルームマンションも価格の上昇時期であることは明らかですが、今歴史的な低金利であるがためにここで固定で低い金利を獲得しておくことは本当に意味があることでもあります。

しかしいくら低金利と言えどもこれ以上大幅に物件価格が上昇してしまったら、一時的に購入は見合わせる必要が出てくるのではないかと思われます。そんな時期でも不動産を拡大する方法があるのです。

それはローンを繰り上げ返済することで実質資産の拡大をするということです。そして今のうちに担保物件を増やしておけば次の不動産の波が訪れた時、購入に際して大きな力となってくれるのです。ローンはうまく活用すれば不動産の谷間を埋める大きな手段となります。

今はバブルの入口もしくはもうバブルが始まっているのかもしれません。早めに購入するか、4~5年待つか選択を迫られているように思います。

※1か月ほど前、メール件数がオーバーフローしてこちらに届かず戻ってしまう事例があったことが判明しました。現在は対策済みですので、もし無料相談等で該当する方がみえましたら、再度トライしてみいただければ、必ず返信いたします。ご迷惑をおかけしました。

台場


« »