安全な不動産投資ブログ

ブログ

11月 13 2020

お金が貸してもらえなくなる?

台場です。

 サラリーマンの最大の武器はお金を借りられること!?

 昨年までは年収が一定水準以上であれば、金融機関は不動産投資
に対し比較的簡単にお金を貸してくれました。しかしコロナの影響が
大きくなるにつれ、金融機関の審査もリスクを取りたくないためか
厳しくなってきています。そのうえ給与が下がり年末のボーナスも
100%支給が困難となってくると、それが反映される今年の源泉徴収票
を提出しても審査が通らない人も出てくることでしょう。年収が下がる見込み
の人は今年中に買わないと来年は購入が難しい場合も出てくるかもしれません。

 現在政府のヘリコプターマネーに支えれれている企業をも多いため、それが
縮小されれば、リストラや倒産も増えてくることが予想されます。もし会社
を辞めた人は、他に収入がない限り金融機関の対応は冷淡なものへと変化
することは間違いありません。
 逆の見方をすれば今現金購入できる人は最大のチャンスとも言えます。

<借入金状況の変化>
①2年ほど前は450万円の年収なら貸してくれていましたが、今は
 500万円ないと困難な場合が多くなっています。
②古くて安い物件に対するローン審査が厳しくなってきています。
③キャッシュフローが取れていない物件に対して審査が通らない場合が
 あります。

※不動産投資に一歩踏み出せない人に
 無料相談にいつでも応じます。台場史貞のHP相談フォームよりお申し込みください。


10月 31 2020

ONE OK ROCK

台場です。

 ONE OK ROCK

ワンオクロックのTAKA・・・ご存じの方
も多いと思いますが、いい曲書きますね。
映画キングダムの主題歌にWasted Nights
が採用されています。
歌詞の一部を紹介します。

 Don’t be afraid to dive
Be afraid that you didn’t try

飛び込むのを恐れるな
 挑戦しなかった自分を恐れろ

※不動産投資に一歩踏み出せない人に
 無料相談にいつでも応じます。台場史貞のHP相談フォームよりお申し込みください。


10月 06 2020

10%働いて100%以上の収入を得る

台場です

 コロナが及ぼす経済への影響はすさまじく、今は政府が
行うヘリコプターマネーにより何とか持ちこたえている企業
も多いのですが、ばらまくお金にも限度がありますし、
年を越せずに倒産へと向かう企業も多く出てくるのは間違いありません。
もし倒産という事になれば当てにしていた退職金も出ないと思っていた
ほうがいいでしょう。

 対処方法としては、お金に働いてもらう投資を拡充させ会社からのサラリー
だけに頼らない収入の多様性を確保することです。

 私も様々な投資を行っていますが、安全で長期にわたって安定していて
税法上のメリットが多いのは、不動産投資しかありません。株式投資も
投資のツールであることは間違いありませんが、現在の状況下で高値を
維持していることが私には信じられませんし、突然資産のすべてが失われる
可能性も持っています。

 東京の中古ワンルームという比較的取り組みやすい投資から始め、少しずつ
積み上げていくことで、人の10%しか働かなくても100%以上の収入を
得ることは時間は必要ですが可能です。

 問題は時間である以上早く始めておくことが必要です。家賃6万円に物件
の購入に1週間遅れれば、約15000円の損失です。普段15000円の買い物に
躊躇する人が多いのに、このような時間のロスに何も感じないのはおかしな事だと
気付いて欲しいのです。

 できない訳を語る前にどうしたら早く始められるかを追求している人が、
結局は成功者となっているのです。

※不動産投資に一歩踏み出せない人に
 無料相談にいつでも応じます。台場史貞のHP相談フォームよりお申し込みください。
(HPが見つからなければこのメールへの返信も可能です)

   台場史貞


8月 12 2020

ロバート・キヨサキに学ぶ

台場です。
 こんにちは?こんばんは

 “ロバート・キヨサキ に学ぶ”

 ロバート・キヨサキが言いたかったこと・・・
それは、この世の中には2種類の人が存在する

①1つは『お金のために働く人』
②もう一つは『お金を働かせる人』

ただ誰でも②になりたいと理解できてもすぐになることはできません。
しかし、しなければならないのは、②から獲得する収入を得るための
行動を今すぐ始めなければ、ならないという事です。そして始めてさえして
しまえば②は自己増殖を始めます。不動産投資は自己増殖のシステムであるからこそ
少しでも早く始めることが成功の大きさに直結します。今の1か月の遅れは、将来
1年の遅れとなって自分の身に降りかかってくるのです。

始めるための最も大きな障害は、できない理由を並べ立てる“心”の問題です。
1.給料が少ないから、蓄えがないから・・・
2.妻が・・家族が反対するから・・・
3.知識がないから・・・
4.勇気がないから・・・
5.今忙しいから・・・
6.もう歳だから・・・

はっきり言えることはそのすべてに解決方法は存在するのです。解決に
向けて動き出せば、その問題は思いのほか小さいと気付くものです。
つまり私の持論である『できない=やらない』なのです。

******************************
 ある男が神様に聞きました。
 「成功への道はどうやって行けばいいのでしょうか?」
 神様はこう答えます。
 「この道をまっすぐ行きますと壁にぶち当たりますので、それを
 乗り越えて行ってください」
******************************

※不動産投資に一歩踏み出せない人に
 無料相談にいつでも応じます。台場史貞のHP相談フォームよりお申し込みください。
(HPが見つからなければこのメールへの返信も可能です)

 


8月 02 2020

Time is money

台場です。

 Time is money.

どんな人にも均等に分け与えらえているのが時間です。

私が16年間不動産投資をしてきた中で、一番後悔しているのは
初期の段階で資金があったにもかかわらず、購入をゆっくり進め
過ぎたことです。それがなければ今の資産は1.5倍になっていたかもしれません。
 しかもその時間は取り戻すことができません。
その経験を踏まえてまだ投資を初めていない人にアドバイスする
としたら・・・

1.悩んでないで先にコマを進める作業を早く進めること
※本は1日で読めるし、相談のメールはいつでもできる
2.できない障害があるとしても、あきらめずにできるかもしれない
方向に向かって進みだすことで少しずつ解決していくと考える。
※お金がない、年収が少ない、家族が反対する、知識がない、
・・・最初はだれでもそうです(当たり前のこと)
3.不動産投資は、資産が自動的に拡大していくシステムであるという事
を理解する。早く形成すればあとは天国なのです。
4.新しく方法を開拓するのではなく、特に初期段階においては先人の方式
に準拠する形で始める。
※自分独自を考え方も必要だが、おそらく初期段階ではそれが遅れる原因となる。

不動産投資は初期段階では遅々として進まなく感じますが、あとから飛躍的に
拡大する時期を迎えることになります。


6月 30 2020

お金持ちがさらにお金持ちになるシステム

台場です。
 こんにちは?こんばんは

 “不動産投資は資産形成のBESTツールです”

 不動産投資はその安定性という意味では投資の最終手段です。
株やFXでもし順調に資産を形成しつつあるなら少しずつでも
不動産に移行していく作業がどこかで必要になります。

<不動産投資のメリット>

1.購入物件を抵当に入れることで、お金を借りることができます。
 (株やFX、リートに対して銀行はお金を貸すことはありません)
2.返済するお金は基本的には入居者からの家賃が原資となります。
 (繰り上げ返済すれば拡大は早いが、もし何もしなくても元金返済部分は
  自動的に資産拡大につながります)→これがあるために少しでも
  早く始めれば時間が資産を生み出します。
3.借入金の利息分や減価償却費等の経費が認められ節税となります。
4.間違いない管理会社と手を組めば、購入後の作業はほとんどありません。

※100万円の頭金で1000万円前後の中古の区分マンションをローンで購入する作業は
それほどリスクがあるものではありません。300万円で自動車を購入する場合より
はるかにリスクは低いと考えます。

※不動産投資に一歩踏み出せない人に
 無料相談にいつでも応じます。台場史貞のHP相談フォームよりお申し込みください。

   台場史貞


6月 24 2020

新築ワンルームは地獄の入り口

台場です。

 “危ないっ!?新築マンションが売れている”

今、昨年と比べても新築投資用マンションが売れています。
なぜ今新築ワンルームマンションが・・・・と思われる方
も多いのではないでしょうか?
 理由はローン審査・条件の厳格化、コロナによる事務進捗の遅れ
によるものです。特に今は、新築に比べ中古物件はローンがつきにくく
なっているのは確かです。

<新築マンション購入に至る台場的ストーリー>
*******************************
1.コロナによる経済的な不安から資産形成の重要性を認識
  している人は多い。
2.中古マンション価格は確かに下がっているがローンが組めない
  場合が多く購入に至らない。
3.今が不動産投資すべき時期であると誰もが認識している。
4.フルローンに近い借入金であっても新築なら比較的簡単に
  審査が通ってしまう。
5.波に乗り遅れまいと買い急いだ結果として新築マンション
  購入者が増えている。
*******************************

私が以前から本やメルマガで指摘しているように、新築ワンルーム物件は投資
には不適格ですし、成功したという人を聞いたことがありません。どなたかに新築
物件を購入していただき、私たち投資家はおこぼれの中古物件を有難くいただき
ましょう。ローンのつきにくさは、時間をかけてでも足で稼ぐしかありません。
くれぐれも新築ハニートラップに引っ掛からないよう。。。このメルマガや台場の本
を読んでいただいている人は、十分ご承知のことと思いますが・・・

※不動産投資に一歩踏み出せない人に
 無料相談にいつでも応じます。相談フォームよりお申し込みください。


6月 18 2020

マンションの購入時期

台場です。
 
最近よくいただくご質問の中で・・・マンションの購入時期について
の質問を受けることが多くあります。

<買い時と言える購入時期は?>
①バブル崩壊後不動産価格が下がりきったとき→2003~2006年頃
②リーマンショック後の価格下落→2008~2011年頃
③コロナ禍による価格の下落→今~約1年?

という事で最近の価格下落傾向を考えれば今は購入のチャンスと考えます。
特に場所がよくて物件価格の手ごろな古い物件が狙い目なのかも・・・

 そして不動産投資の特性として安い時に購入し、高くなってきたらローンを返済
することで途切れることなく収入の拡大ができることなのです。これを理解している人は
今回の不動産の購入ポイントを逃さず掴もうとしているはずです。

※不動産投資にまだ一歩踏み出せない方へ
 無料相談にいつでも対応します。
※6月21日(日)に日本財託発信でオンラインセミナーにパネリストとしてリモート参加予定です。
詳しくは㈱日本財託HPをご確認ください。申し込みフォームの紹介者欄に『台場史貞』
とご記入ください。

   台場史貞


4月 29 2020

STAY HOME

台場です。

 合言葉は STAY HOME

コロナ拡散防止のためとは言え少々うんざりしてきましたね。
際限なく続く先の見えない暗いトンネルを自分で明かりを照らし
ながら進む覚悟で臨んだほうがよさそうです。
おそらくトンネルはすぐには抜けません。
緊急事態宣言解除すれば、感染者はまた増加します。
でもどこかで解除しなければ経済がもちません。

 <台場の個人的な考え>
1.不動産価格は調整されつつあり、すぐに最大の購入時期を迎える
2.家賃は遅れながら暫くの間下がる
3.GOLD価格は少しずつ上昇していく
4.為替はハードカレンシーが強含み
5.金利はしばらく上がらないが、その先のインフレに備える
6.所得(収入)は減少する(ボーナスは大幅減)
7.株式はさらに大幅に下がる ※倒産したらゼロを念頭に
8.テレワークが進むとは言え地方の不動産の価値は上がらない
9.実質の年金支給額は下がっていく、また支給年齢は先延ばし
10. しばらく減税論が幅をきかすが、その後大増税となる
11. 閉店・倒産・派遣切り・自主退学の嵐がやってくる
   (倒産したら退職金は出ないと思っておいたほうがいい)
12. 韓国を筆頭に一部のヨーロッパの国でデフォルト危機迫る

 <台場の個人的な対策>
不安定な時期だからこそ極端なポジション取りは致命的
となる可能性があるのでポートフォリオを見直しバランスを考えることが重要
⓵ 現金投入額と借入金のバランス
⓶ 現金保有と現物資産(GOLD・不動産)保有のバランス
⓷ サラリーマン一辺倒から副収入確保へ
⓸ 収入減に耐えられる効率的な生き方の追求

~台場の個人的な考え方を書き出しましたが、
皆さんならどう考えどう動きますか?
今私たちは海岸にいて、大きな地震が来たと同じです。
津波に飲み込まれるまでの時間は、多く残されていません。
何とかなるでしょ!と楽観的な考えは捨ててとにかくすぐ
何か一つでも行動することをお勧めします。
 あの時やっておけば・・・とならないように

※不動産投資にまだ一歩踏み出せない方へ
 無料相談にいつでも対応します。


4月 13 2020

コロナに負けるな

台場です。

 コロナ一色の最中、いかがお過ごしでしょうか?
私もセミナー登壇予定が全てキャンセルとなり皆様とお会いできる
機会を失ってしまいました。

 暗い話ばかり続きますが、不動産投資家としては歴史的な買い場
が訪れそうな気配です。
 私自身が資産を拡大できたのは、バブル崩壊後不動産価格が下がりきった
2004年~、リーマンショックの影響があった2008、9年に買いを進めてきたことです。
今回のコロナで金利はしばらく下限に張り付いたままで、経済環境の悪さから
投資マインドは最悪で物件価格の調整は間違いありません。この波を掴むことが
資産家への近道と考えます。下記の本※の中にも書きましたが借入金限度目安の
上限まで活用して買い進めるときは今しかありません。

 昨年メルマガで株式の暴落を警告し、不動産に資産を移した方は大きな難を
乗り切ることが出来ています。株式は今のレベルではとどまらず更なる下げが
待ち受けていると考えます。外出もままならず、家に籠る時間が増えたのを
チャンスと捉え不動産についてしっかり勉強してみるのもいいかもしれません。

※不動産投資にまだ一歩踏み出せない方へ
 無料相談にいつでも対応します。

   台場史貞

 <追申>
① 先月ZUUオンラインの取材を受けましたので読んで頂けると幸いです。
 https://zuuonline.com/archives/213281

② 2月27日に私にとっては第3弾本となる

※『サラリーマンを辞めたくなったら読む不動産投資の本』(秀和システム)

を出版したところ大きな反響をいただき、3月初めに東京の紀伊国屋と

八重洲ブックセンターで週間第一位を獲得することが出来ました。

ご協力に感謝いたします。


次のページ »