安全な不動産投資ブログ

11月 13 2020

お金が貸してもらえなくなる?

台場です。

 サラリーマンの最大の武器はお金を借りられること!?

 昨年までは年収が一定水準以上であれば、金融機関は不動産投資
に対し比較的簡単にお金を貸してくれました。しかしコロナの影響が
大きくなるにつれ、金融機関の審査もリスクを取りたくないためか
厳しくなってきています。そのうえ給与が下がり年末のボーナスも
100%支給が困難となってくると、それが反映される今年の源泉徴収票
を提出しても審査が通らない人も出てくることでしょう。年収が下がる見込み
の人は今年中に買わないと来年は購入が難しい場合も出てくるかもしれません。

 現在政府のヘリコプターマネーに支えれれている企業をも多いため、それが
縮小されれば、リストラや倒産も増えてくることが予想されます。もし会社
を辞めた人は、他に収入がない限り金融機関の対応は冷淡なものへと変化
することは間違いありません。
 逆の見方をすれば今現金購入できる人は最大のチャンスとも言えます。

<借入金状況の変化>
①2年ほど前は450万円の年収なら貸してくれていましたが、今は
 500万円ないと困難な場合が多くなっています。
②古くて安い物件に対するローン審査が厳しくなってきています。
③キャッシュフローが取れていない物件に対して審査が通らない場合が
 あります。

※不動産投資に一歩踏み出せない人に
 無料相談にいつでも応じます。台場史貞のHP相談フォームよりお申し込みください。


«